ENGLISH
連続クロマト技術で中分子・バイオ医薬品の製造コストを削減
展示の見どころ
ペプチド、バイオ医薬品、オリゴ核酸などの高効率な精製を実現する連続クロマトグラフィーシステムをはじめ、研究から生産まで対応するLCシステム、カラム、充填剤、プロセス開発を含む受託精製などをご紹介します。
出展製品・技術(メーカー名)
ツインカラム連続クロマトグラフィー精製システム
バイオ医薬品・ペプチド・オリゴ核酸などの精製効率2倍以上、抗体精製の担体使用量1/2以下、不純物精製に要する時間約1/10など、驚異的な実力。検討用ラボ機とGMP対応生産機をラインナップしています。

大型分取クロマトグラフィーシステム
低・中分子、バイオ医薬品などの高純度精製に、少量~大量分取まであらゆるスケールに対応できるHPLCおよびLPLCシステムをラインナップ。納入後のメンテナンスやサービスも万全の体制です。

分取LCシステム LC-Forte/R-II
コンパクトかつ多機能で分取HPLCにもフラッシュクロマトグラフィーにも対応。リサイクル分取機能、分画位置のプレビュー機能、スタッキングインジェクションなどを搭載しており、精製効率アップが可能です。

受託精製サービス
オリゴ核酸、ペプチド、キラル化合物、不純物など研究開発から生産まで、クロマトグラフィー精製の幅広いニーズに対応。GMPに準拠した設備での高純度精製も可能です。精製メソッド検討・開発も対応します。

カラム・充填剤
逆相、順相、キラル、イオン交換、サイズ排除など各種分離モードについて、LC-MS用のUHPLCカラムから分取用カラムまで幅広くラインナップ。生産用途のバルク充填剤もご提供します。
 
出展社による製品・技術セミナー
バイオ医薬・中分子医薬製造における連続クロマト技術の有用性
ツインカラム連続クロマトグラフィー技術を用いたバイオ医薬品及び中分子医薬品の精製プロセスとその有用性について紹介する
日時: 11月27日 (金)  14:30 ~ 15:00
会場: セミナー会場:1
発表社名: (株) ワイエムシィ
 
会社情報
  
※掲載情報は来場ユーザーから出展社への事前アポイント申請用に公開しています。
それ以外の目的(セールス等)で無断に使用・転載する事を固く禁じます。
Copyright © by Reed Exhibitions japan Ltd. All rights reserved.